日本最大の太陽光発電所が運転開始

印刷

   関西電力が堺市西区に建設していた国内最大の太陽光発電所「堺太陽光発電所」の運転が2011年9月7日に始まった。

   予定を約1か月前倒ししての全面運転で、出力は1万キロワット。年間の発電量は約1100万キロワット時で、これは一般家庭約3000世帯の使用量にあたる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中