8月の街角景気 5か月ぶりに悪化

印刷

   内閣府が2011年9月8日に発表した8月の景気ウオッチャー調査によると、景気の現状を示す現状判断指数(DI)は47.3となり、前月より5.3ポイント悪化した。

   家計動向関連DI、企業動向関連DI、雇用関連DIとも低下した。また、先行き判断DIも前月比1.4ポイント悪化の47.1となり、2か月連続で悪化した。

   基調判断は「景気の現状は、東日本大震災の影響が残るものの、持ち直している」から「景気の現状は、震災の影響が残る中で、このところ持ち直しのテンポが緩やかになっている」と、やや後退した表現に変更した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中