八ツ場ダム建設容認 前原氏「極めて不愉快」

印刷

   八ツ場ダムの建設を国交省が容認したことについて、民主党の前原誠司政調会長は、2011年9月13日の会見で、「極めて不愉快だ」と不満を述べた。

   前原氏は、国交相時代にダムの工事中止を宣言している。会見では、「なぜこのタイミングなのか。事前説明もない」と批判した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中