8月の貿易収支、3か月ぶりの赤字 LNGや原油の輸入増で

印刷

   財務省が2011年9月21日に発表した8月の貿易統計速報(通関ベース)によると、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は7753億円の赤字となった。赤字は3か月ぶり。

   輸出額は前年同月比2.8%増の5兆3575億円で、6か月ぶりのプラス。前年水準を上回るのは、東日本大震災後初めて。サプライチェーン(供給網)の復旧が進み、主力の自動車(5.3%増)などが増加に転じた。工作機械なども増加。半面、半導体などの電子部品は16.4%減った。

   一方、輸入額は前年同月比19.2%増の6兆1328億円と、大幅に増えた。液化天然ガス(LNG)や原油の輸入増が原因。とくにLNGは国際価格の上昇や、原子力発電の運転停止に伴う火力発電用の需要増で、輸入金額、数量ともに過去最高を記録した。

   なお、為替レートは平均1ドル77円88銭で、前年同月比9.8%の円高だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中