2018年 8月 19日 (日)

上地雄輔「芸能界引退」報道で騒動 「紳助色」強いタレント使い道ない?

印刷

   タレントの上地雄輔さん(32)が「芸能界からの引退発言をした」などと夕刊紙が報じ、ファンの間で騒ぎになっている。

   きっかけは島田紳助さん(55)が暴力団との黒い噂で引退したこと。上地さんは紳助さんを「父ちゃん」と慕っていた。

「こんな芸能界ならやっていたくない!」

   東京スポーツ(2011年10月2日付け)によれば、上地さんはこのところふさぎ込みがちな日々を送っている。上地さんにとって紳助さんは自分を芸能界でブレイクさせてくれた恩人。紳助さんが引退会見をした11年8月23日の前夜、引退を撤回するように直談判までした。

   紳助さんの引退が決まると「紳助を送る会」の発起人になったが、所属事務所の方は紳助さんに一切連絡を取らないように厳命した。上地さんは「なんでダメなんだ!」と食って掛かり、しまいには

「こんな芸能界ならやっていたくない!」

とぶちまけたのだという。

   追い打ちを掛けるように仕事の依頼も減少。例年なら年末の特番で引っ張りだこのはずだが、紳助さんと親密なイメージが強いため、テレビ局の企画会議では名前すら挙がらなくなっている、と東スポは書いている。

   芸能評論家の肥留間正明さんは、テレビ業界に「紳助排除」の動きがあるのは間違いなく、紳助さんを擁護する「紳助色」の強いタレントの使い道はない、という。フジテレビ系テレビ番組「クイズ!ヘキサゴンⅡ」を中心とする「紳助ファミリー」メンバーは、実力があるタレント以外は出番がなくなる、というのだ。

   放送を打ち切られた「クイズ!ヘキサゴンⅡ」では、上地さんを筆頭に「羞恥心」つるの剛士さん、「Pabo」の里田まいさん、スザンヌさん、木下優樹菜さんの3人や、一発屋として芸能界から消えかかり「ヘキサゴン」で復活をかける芸人もいた。こうしたメンバーも今後は声が掛からないのではないか、という見方がされている。里田さん、スザンヌさんは現在プロ野球選手と交際中で、結婚引退か、という報道もある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中