2019年 8月 18日 (日)

「もしドラ」作者は「スティーブ・ジョブズ」か 「となりの801ちゃん」に座布団

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   大ベストセラー小説「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」の作者・岩崎夏海さんが、ブログで「なぜ ぼくのことをスティーブ・ジョブズのような人間だと思わないの?」「ぼくのことをすごいとは思わないの?」など20近くの「奇妙な」質問を読者にぶつけていると、ネットで話題になっている。

   この質問全てに回答する人も結構いて、大ヒットマンガ「となりの801ちゃん」の作者・小島アジコさんも全てに回答。その回答が的を得ているとネットで話題になっている。

「だってmacもi-padも作ってないじゃないですか」

   岩崎さんは2011年10月19日付けで「ベストセラー作家だけど質問があるよ?」というタイトルのブログを書いた。読者に対する質問形式になっていて、沢山の人に回答して欲しいし、そうでない場合は応援メッセージでも構わないと説明している。

   質問は

「なぜぼくのことを『ソーシャルネットワーク』に出ていたマーク・ザッカーバーグみたいだと思うの?」
「なぜ ぼくのことをスティーブ・ジョブズのような人間だと思わないの?」
「ぼくのことをすごいとは思わないの?」

などがある。

   これについて「となりの801ちゃん」の小島さんは

「すいませんマーク・ザッカーバーグを知らないのです」

   そして、マークについてwikiで調べた後に

「僕には似てるとは思えませんでした」

と書いた。

   ジョブズについては

「だって、(岩崎さんは)macもi-padも作ってないじゃないですか」

   「ぼくのことをすごいとは思わないの?」について、「もしドラ」が200万部も売れたのはすごいし、羨ましいし、嫉妬もする。ただし他人である自分には、「その程度のすごい」であり、他の部分については手放しで「すごい」と承認出来ることもない、としている。

   小島さんは岩崎さんの一連の質問を読んで、岩崎さんには、自分の事をもっとすごいと思って欲しい、という感情があるのだろうと推察した。

   200万部という数字は、確かに誰もがすごいと思うはずだけれど

「それ以上ですごいと思うひとはいないと思います」

と断言した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中