TPP賛成45%、反対32% 日経の世論調査

印刷

   日本経済新聞が2011年10月31日付朝刊で報じた世論調査結果によると、環太平洋経済連携協定(TPP)に「参加すべきだ」と答えた人は45%で、「参加すべきでない」32%を上回った。

   TPPをめぐっては、野田首相が交渉参加に前向きな姿勢を示している。世論調査は、テレビ東京と共同で28~30日に電話で実施したという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中