2019年 9月 22日 (日)

モバゲーが年収1000万円で新卒者募集 買うのは「ベイスターズ」だけじゃない

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   ソーシャルゲーム「モバゲータウン」を運営するディー・エヌ・エー(DeNA)が、来年4月入社の新卒を年収1000万円で募集しているとして話題になっている。

   ネットでは「儲かっている会社は違うなぁ」「ベイスターズに続き新卒も高額買収!」などと話題になっているが、どうしてこんなに高いのだろうか。

学歴や出身学部は問わないが「即戦力」がポイント

   DeNAの公式ホームページに掲載された「2012年新卒エンジニアスペシャリスト採用募集要項」を見ると、給与は初年度600万円~1000万円(基本給+賞与)。

「初任給は日本の新卒採用の常識にとらわれず、能力に応じて提示する」

という。応募資格として学歴や出身学部は問わないが、ウェブやケータイ向けサービス開発分野で設計・実装ができ、これらのものを自らのアイディア完成させた経験がある人。つまり、即戦力が要求され、入社後はエンジニアのスペシャリストとして即現場に配属するという。

   DeNAの11年3月の連結決算は、売上げが前年同期比2.3倍の1127億2800万円、本業の利益を表す経常利益が同2.6倍の562億5800万円、「モバゲー」の会員数は3000万人を超えた。そのためネットでは「儲かっている会社は新卒の年収も違う」などと羨む声が多数挙がっているが、ソーシャルゲームに詳しい関係者に話を聞くと

「スマホなどのソーシャルゲーム開発者が足りないため、一種の青田買いのようなもの」

と説明する。

   実は10年8月、ソーシャルゲームのDeNA、グリー、「ニコニコ動画」を運営するドワンゴが、中途入社のエンジニアに対し、入社準備金200万円を提供すると発表した(ドワンゴは252万5000円)。これはスマートフォンなどのソーシャルアプリ開発者が不足しているからで、各社はエンジニア獲得について血眼になっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中