東京都美術館に「真珠の耳飾りの少女」

印刷

   フェルメールの最高傑作といわれる「真珠の耳飾りの少女」が2012年6月、東京都美術館で公開されることが決まった。11年11月7日、同美術館などが明らかにした。

   同美術館は10年から全面改修工事で休館中。リニューアルオープンの第一弾となる「マウリッツハイス美術館展」の目玉となるのが「真珠の耳飾りの少女」。このほかレンブラントの最後の自画像など約50点が展示される。

   マウリッツハイス美術館はオランダのハーグにあり、17世紀のオランダ・フランドル絵画の世界的コレクションで知られる。

   フェルメール作品は世界で30数点しか現存しないといわれ、中でも「真珠」が最も人気作品として知られている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中