2018年 11月 17日 (土)

ジョブズ氏死の直前に没頭したテレビ革命 「どうすればいいか、ようやくつかんだ」

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   米アップル創業者のスティーブ・ジョブズ氏が、亡くなる寸前まで構想していたのはテレビだった――。評伝では、今後実現したいプロジェクトのひとつに、シンプルでエレガントなテレビの構想をもっていた点に触れられている。

   「アイフォーン(iPhone)」や「iPad」と次々にヒット商品を生み出したジョブズ氏だけに、どこまで斬新なテレビになるのか、期待が高まっている。

「とっても使いやすいテレビを作りたいと思ってるんだ」

ジョブズ氏が描いたテレビの中身とは(写真はイメージ)
ジョブズ氏が描いたテレビの中身とは(写真はイメージ)
「とっても使いやすいテレビを作りたいと思ってるんだ」

   評伝「スティーブ・ジョブズ」(講談社)の第2巻、物語の結末に近いページにこの言葉は登場する。2011年1月から病気療養中のジョブズ氏が、これまでコンピューターや音楽プレーヤー、携帯電話で変革を起こしてきたように、テレビを「想像したこともないほどシンプルなユーザインターフェースにする」と意気込んでいたのだという。

   ジョブズ氏はさらに「どうすればいいか、ようやくつかんだんだ」と漏らしていた。それ以上の詳しい内容は書かれていないが、他のアップル製品と無線で同期できるようなテレビ、とそのアイデアの一端を明かしている。

   アップルは既に「アップルテレビ」と呼ばれる製品を販売しているが、これはテレビ受像機ではない。テレビに接続して、インターネット経由で映画や動画といったコンテンツを視聴するための、セットトップボックスのような装置だ。2010年にリニューアル発売されたが、「iPhone」や「iPad」に比べると地味な存在という印象は拭えない。

   一方で、テレビ受像機自体にネット機能を持たせた「スマートテレビ」は、アップル以外のメーカーが既に市場に送り出している。代表的なのが、いわゆる「グーグルテレビ」だ。2010年10月にソニーが米国で発売。画面上に表示されるグーグルの検索窓にキーワードを入力して見たい番組を探したり、複数のアプリケーションからひとつを選んで、ツイッターやユーチューブといったネットのサービスを楽しんだりできる。

   しかし発売後間もなく、米3大テレビネットワークがグーグルテレビへの協力を拒み、各局がウェブサイト上に載せているテレビ番組をグーグルテレビ上で視聴できない処置を施した。アプリ不足も解消されておらず、発売から1年たっても泣かず飛ばずの状況だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中