2019年 2月 23日 (土)

野田首相が原発事故「収束」宣言 記者から「違和感」指摘する声

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   野田佳彦首相は2011年12月16日夕方に開いた記者会見で、東京電力福島第1原子力発電所の1~3号機の原子炉が「冷温停止状態」を達成し、事故収束に向けた工程表の「ステップ2」を達成したと発表した。

「安定を目指す段階から廃炉を目指す段階に移行する」

記者会見に臨む野田佳彦首相。原発そのものの事故については「収束した」と発表した
記者会見に臨む野田佳彦首相。原発そのものの事故については「収束した」と発表した

   野田首相は、「冷温停止状態」の達成を判断した根拠を、

「安定して冷却水が循環し、原子炉の底の部分の格納容器の温度が100度以下に保たれており、万が一何らかのトラブルが生じても、敷地外の放射線量が十分低く保たれるといった点が技術的に確認された」

と説明。今後の取り組みについては、原発そのものについては

「安定を目指す段階から廃炉を目指す段階に移行する」

と、原発の敷地外についての課題として「除染、健康管理、賠償」の3点を挙げた。その上で、

「避難を余儀なくされている住民が、安心して故郷にもどり、以前の生活を再建できる環境を1日も早く作りあげる」

ことを目指すとした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中