民主・中島政希議員離党 八ッ場ダム建設継続に抗議

印刷

   民主党の中島政希衆院議員が2011年12月24日、党本部に離党届を提出した。野田政権が群馬県の八ッ場ダム建設継続を決めたことに反発したもの。

   中島議員は比例代表北関東ブロック選出で、党群馬県連の会長代行を務める。記者会見で中島議員は、「野田政権はその最重要公約を自ら放棄し、八ッ場ダム建設継続を決定した」と批判。民主党を支持した国民の期待を裏切ったとして「到底これを容認できるものではない」と、離党の理由を話した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中