防衛省、辺野古アセスを沖縄県庁に発送

印刷

   2011年12月26日、防衛省は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の、同県名護市辺野古への移設に向けた環境影響評価(アセスメント)の評価書を沖縄県庁に発送した。

   沖縄防衛局職員が県庁まで持参する予定だったが、26日の朝から移設に反対する市民団体が提出を阻止しようと県庁前に集まったため、郵送に切り替えた。27日にも県側に受理される見通しだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中