橋下市長、庁舎内から労組事務所の退去求める

印刷

   大阪市の橋下市長は2011年12月26日、市の労働組合6団体に対し、庁舎内での組合の政治活動は認めないとして、早ければ来年3月末までに庁舎内にある労組事務所からの退去を求める方針を報道陣に示した。

   市交通局職員が勤務中、許可を得ず11年11月の市長選にからんだ活動をしていたことを受けた措置となる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中