2019年 10月 19日 (土)

iPhoneないと生きていけない スマホにドップリ浸かる人たち
(連載「スマートフォン革命」第2回)

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求
「知ってる? アイフォーン(iPhone)って世界で一番売れてる携帯ゲーム機なんだよ。あれ、これって井上さんから聞いたんだっけ?」

   ある美容系のクリニックで、カウンセラーとして働くA子さんは私にこんな話をしてくれました。自身が元モデルで美形であるからか、訪れる人への説得力は抜群。10年選手のベテランということもあり、4、5人いる若いカウンセラーはもちろん、オーナー、ドクター、果てはナースからの信頼も厚く、個人的な相談も打ち明けられるほど。文字どおり、クリニックになくてはならない存在となっています。

通話もメールもしなくなった

スマホはいまや人生の必需品
スマホはいまや人生の必需品
「いったい、どんだけカウンセリングしなきゃいけないんだ、ってね(笑)。アラフォーなのに、こんなにストレス溜めて、お肌の調子はどうしてくれるのよ…」

   これまでのストレスの解消法と言えば、「海外旅行、ドカンと買い物、金曜夜から土日にかけて高級グルメ3連発」でしたが、それも一段落。特定のカレシもいないなかでハマったのが、スマートフォン(スマホ)でした。

「それまでネットとかパソコンとか、ぜんぜん興味なかったのね。ところが、友達が持っていたiPhoneを見た時、純粋にカッコイイから欲しいと思っちゃって」

   それが去年のこと。以来、ドップリとスマホの世界に入り浸りとなりました。用途別にキレイに整理されたアプリの数は、「わかんないけど、40~50種類ぐらいあるかも。もう使ってないのもあるし」。

   親しい友人との連絡は、フェイスブックを主にツイッターも併用。通話は時間や場所を縛られるので滅多にしません。

「うーん、メールも打たなくなったねー。待ち合わせで遅れるって時ぐらいかなぁ。フェイスブックは画像を載っけて、ダーッとやり取りして盛り上がれるじゃない。友達のなかには、デート中の様子をコッソリ報告してくるのもいて、ワーキャー言い合いできて面白いのよ」

   そして、ソーシャルゲーム。出勤や帰宅途中、ランチの時間が周囲と合わなかった時など、一人でいるとついやってしまうのだとか。

「育てゲーっていうの? 作物や動物を育てるやつを何種類かやってる。失敗しつつもいまはかなり上手くいってるし、それにスケジュールとか思い出の画像とか、もう全部入っちゃってるから、iPhoneなくすとか考えられない。パニックよ、ホントに。その瞬間から、アタシどうやって生きていけばいいの?って感じ」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中