2021年 5月 16日 (日)

NHK生放送でいきなり老人がブチ切れ 「放送事故」なのか、それとも…

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

「なぜあれが起こったのかは不明」とNHK

   この放送を見て衝撃を受けた人も多くネットでは「放送事故だ!」などと大きな話題になった。ネットの掲示板やブログには、

「何も驚くことはない。大阪ではよくある風景」
「明らかに撮影してるのわかってるのに、知らない風を軽く装ってるのがおもしろい」

というものや、

「片岡が引き攣って固まっていたけど、それが可愛くて萌えポイント」

といった感想が出ている。また、大阪の人情を表現するために仕込みで役者を使ったが、失敗したのではないか、という意見もある。

   いったいなぜあのような「事故」が起こってしまったのか。NHK広報局に話を聞いてみると、いきなり男性がカメラの前に出てきたのだという。生放送中のためスタッフが男性に声を掛けたり、引っ張って移動させたりすることは出来ないため、男性の腕にチョン、チョンと触れて合図をしたところ、なぜかキレて、ああいうことになってしまった、と説明した。

   撮影場所の「足湯」は営業時間外だったため、客として男性が来たとは考えられないという。男性が叫んだ後、スタッフが声を掛けようとしたが、男性は直ぐに名前を名乗ることなく撮影現場から姿を消した。どこの誰かもわからず、なぜあのような行為をしたのかも不明のままだそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中