2019年 12月 15日 (日)

今度は韓国のバラエティー番組で「黒人差別」 世界中から非難殺到

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   韓国で黒人をバカにし差別するバラエティー番組が放送されたとして世界中から非難を浴びている。問題の番組を制作したテレビ局が動画投稿サイト「ユーチューブ」に動画をアップしたことで周知され、バッシングが拡大した。

   テレビ局は「ユーチューブ」からこの動画を削除したが、ネット上には番組に対する抗議や動画が次々と出回り、騒ぎは収まっていない。

黒人メイクにスタジオは大爆笑の渦

   黒人差別では先ごろ、韓流アイドル「少女時代」にも楽曲を提供している韓国系米国人の女性ソングライターが、ツイッターで「暴言」を連発し騒動になったばかり。このソングライターは

「黒人そのものも最悪ね。無礼で凶暴、バカ…」「黒人がいない世の中になったら、世界は劇的に改善するはず」

などと書き込んだ。批判が高まると謝罪したが

「発言内容自体は後悔していません。ただ、越えてはいけない一線があるのだということに気付きました」

などと付け加えたため、火に油を注ぐことになってしまった。

   韓国内で黒人を差別したとされる番組はMBCが2012年1月21日に放送した「セバクィ」で、女性の出演者2人が顔を黒く塗り、口元を強調するメイクで登場した。アニメ「赤ちゃん恐竜ドゥーリー」のキャラクター「マイコル」のように見えるが、2人の掛け合い、表情、しぐさなどがオーバーアクションで、スタジオは大爆笑に包まれていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中