2020年 10月 30日 (金)

2000円札「製造ゼロ」9年目 「見かけない」「沖縄にはあるぞ」

ルイボスブレンドだからノンカフェイン。就寝前のリラックスタイムにおすすめ。

   最近、2000円札を見かけない――そんな感想を持つ人が少なくない。それもそのはず、製造枚数ゼロは9年目に突入する。需要は伸びず、流通枚数も減っている。

   一方、「2000円札が珍しいという話を聞いて、びっくりしたことがある」と県庁職員が話す地域もある。沖縄県だ。それほど身近に流通しているわけだ。ネット上でも「沖縄で2000円札目撃」情報が寄せられている。

「二千円札まだあったんや!?」

2000円札の見本を紹介する国立印刷局のサイト
2000円札の見本を紹介する国立印刷局のサイト

   2012年度も2000円札は製造されないことが決まった。財務省が12年4月3日、発表した。前回、製造したのは2003年度のことだ。9年連続で製造「ゼロ」となる。

   2000円札は、2000年夏に開催された九州・沖縄サミットに合わせ、発行された。沖縄・首里城の守礼門がデザインされている。サミット開催場所が決まった1999年、当時首相だった小渕恵三氏(翌年春、死去)の指示で発行が決定した。

   久しぶりの新紙幣ということで注目され、流通枚数は、2004年夏には5億枚強まで脹らんだが、その後、急減した。日本銀行のデータによると、07年1月には約1億6000万枚にまで減り、12年2月では約1億枚になっている。日銀によると、お札の発行額・枚数ともに全体としては増えており、2000円札の減少は、ほかのお札に比べ、特別な傾向だという。

   理由としては、米国の20ドル紙幣など海外では例があるものの、「2」がつくお札は日本では馴染みが薄く、「使い勝手が悪い」というイメージが先行してしまったことが影響したようだ。ATMや自動販売機での対応も、全国的には進まなかった。国内ATM台数の3分の1にあたる約5万9000台を監視している日本ATM(東京都港区)によると、2000円札の入金はできるが、出金(引き出し)はできないATMがほとんどだそうだ。

   こうした「使いづらさ」が影響し、流通量が減ったようだ。

   「2012年度も2000円札製造ゼロ」のニュースが流れると、ネットのツイッターでは、

「二千円札まだあったんや!?」「見ないと思っていたら、製造もされていないのか」

といった「しばらく見ていない」という反応が多く流れた。

   一部には、ATMでお金をおろした際に2000円札が出てきたという報告や、買い物の際におつりで2000円札を出されて、「一瞬、異国のお札かと」思ったというつぶやきもあった。

2000円札を直近で見たのはいつですか?
半年以内
半年~1年以内
1~3 年前
3年以上前
覚えていない
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中