仙谷氏「(原発)直ちに止めると、集団自殺」

印刷

   民主党の仙谷由人政調会長代行は、原発再稼働問題について、「直ちに止めた場合、日本がある意味、集団自殺をするようなものになってしまうのではないか」と述べた。2012年4月16日、名古屋市の講演で発言したもので、11年の東京電力の計画停電騒ぎを例に考えれば、「電力なしでは生活できないことは、明らかだ」と指摘した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中