北朝鮮、米朝合意の破棄を表明 安保理声明に反発

印刷

   北朝鮮外務省は2012年4月17日声明を発表し、核実験の一時停止や米国からの食糧支援を約束した12年2月の米朝合意について「これ以上拘束されないであろう」と、事実上合意を破棄する考えを表明した。

   声明では、

「合法的な衛星の打ち上げ権利を踏みにじろうとする国連安全保障理事会の不当きわまりない行為を断固と全面排撃する」

などと主張。

   安保理が打ち上げを強く非難する声明を出したことに反発している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中