2018年 6月 19日 (火)

橋下大阪市長ウォッチ
「友情あれば乗り越えられる」 「中日友好協会」新会長と会談

印刷

   橋下徹大阪市長は、市内であった中国の「中日友好協会」新会長との会談で、「友情があれば、困難な課題も乗り越えられる」とあいさつした。

   新会長に就任したのは唐家セン元国務委員で、2012年4月22日、橋下市長と松井一郎府知事を表敬訪問した。

唐会長「日本の政界の明日のスター」


   唐氏は、橋下市長について「日本の政界の明日のスター」と持ち上げた。

   一方、橋下市長は、

「心の底からの結びつき、友情があれば、困難な課題があっても乗り越えられる」

とあいさつした。

   日中関係をめぐっては現在、尖閣諸島問題に注目が集まるなど「困難な課題」も指摘されている。

   橋下市長は知事時代、唐氏と3回会談したことがある。唐氏は知日派として知られている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中