新日鉄、韓国ポスコ提訴 電磁鋼板の技術不正取得で

印刷

   新日本製鉄は2012年4月25日までに、ハイブリッドカーなどに用いる電磁鋼板(方向性電磁鋼板)の技術を不正に取得したとして、韓国の鉄鋼メーカーであるポスコとその日本法人のPOSCO JAPANを相手取り、損害賠償と一部製品の製造・販売の差し止めなどを求める民事訴訟を東京地方裁判所に起こした。同時に新日鉄の元社員に対しても、技術の不正取得、使用などに加担したとして損害賠償などを求め提訴している。

   新日鉄とPOSCOは00年に提携契約を結び親密な関係にあるが、個々の商品分野では競争関係にあり、方向性電磁鋼板については知的財産権を侵害しているとしてたびたびPOSCOに警告と請求などを行ってきた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中