2020年 9月 26日 (土)

「おーい、仕事したいか?」 すべてはこの一言から始まった
元「お妃選び班記者」佐伯晋さんの取材ノートから(2)

エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   「お妃選び取材?つまらなそうだな」「でもこの先輩怖いしな」――水面下で宮内庁幹部らによる皇太子(現天皇陛下)のお妃選びが進んでいた1958年当時、「お妃選び取材班」だった元朝日新聞記者、佐伯晋さん(81)は、ひょんなことから顔見知りの先輩記者に「召集」されて取材班に「ひきずり込まれた」。

   佐伯さんに聞く第2回は、佐伯さんの「お妃選び」班入りの経緯を紹介する。

社会部の先輩記者が声をかけてきた

当時の取材について振り返る元朝日新聞記者の佐伯さん。
当時の取材について振り返る元朝日新聞記者の佐伯さん。

――インタビュー第1回で、ご婚約発表解禁があった1958年11月27日の前日の状況を伺いました。そもそも佐伯さんが「お妃選び班」担当になったのはいつですか。

佐伯 「昭和33年(58年)2月16日 召集」。当時のノート(メモ参照)にこう書いている。1955年から1人でお妃割り出し担当として取材を始めていた社会部の先輩の牧さん、伊藤牧夫さんから声をかけられたんだ。牧さんは、事件や調査報道に強いと定評のある先輩記者で、ぼくより5年ほど早く社会部にあがっていた。
   一方、当時のぼくは、4年いた東京の八王子支局から社会部にあがって1年目の下っ端記者。独身、27歳だった。サツ(警察)回りで1方面のサブ、当時は愛宕担当と言っていた。守備範囲は新橋とかの辺りだね。そんなに忙しくない持ち場だったので、時間があれば有楽町の朝日新聞本社3階の編集局にあがって何か社会部らしい仕事が回ってこないかと待ち構えていた。
   「召集」されることになる2月16日の午後、牧さんがふらっと編集局に入ってきて、社会部遊軍席にいたぼくを見つけて、「おーい、佐伯君、仕事したいか?」と声をかけてきたんだ。ぼくが八王子支局時代から、牧さんは応援組で支局管内へ何度か来ており、一緒に仕事をしたことがあったので顔はお互い分かっていた。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中