2020年 9月 30日 (水)

「皇太子さまのご意向もお酌みして...」 こう言ってお妃候補の中に入れる
元「お妃選び班記者」が推理する「テニスコートの恋」の「真相」(4)

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   「皇太子さまのご意向もお酌みして...」――。お妃選考首脳らは、こう言って巧みに「民間」の美智子さまをお妃候補の中に入れることに成功した。

   「お妃選び取材班」担当だった元朝日新聞記者の佐伯晋さん(81)に皇太子さまがたの「『テニスコートの恋』をめぐる虚実」に関する推理を聞くインタビュー第2部の4回目は、「皇太子さまに恋をして頂く」必要性をめぐる選考首脳らの思いについて語ってもらう。

候補に加えることをさりげなく提案した

日本赤十字社の行事会場に入られる美智子皇后陛下(2008年撮影)
日本赤十字社の行事会場に入られる美智子皇后陛下(2008年撮影)

   前回、ご婚約が11月に決まる年の1958年の2、3月あたりに、皇太子さまと美智子さんとをめぐり、同じテニスクラブ入会などの動きが出始めたものの、お妃選考として、まだ形式的には美智子さんが本命になっていたわけではない、というところまで話しました。

   1958年1月に旧華族のK嬢がほぼダメとなった後、今度は松平信子・常磐会会長が、やはり旧華族のH嬢を検討するよう提案します。宮内庁幹部らお妃選び首脳も、発言力がある松平会長の意向は無視できないのです。松平会長の提案を受け、3月3日の小泉邸首脳会議で、K嬢断念の正式決定とH嬢を調べることが決まりました。

   実は、この3月3日の会議の終わりの方で、(選考首脳の)小泉信三さんが美智子さんも候補に加えることにしたらどうでしょうとさりげなく提案し、そして何となく了承されたようです。

   これは大きな節目です。小泉さんは、2月に皇太子さまから美智子さんのことを調べてみるよう言われたことを受け、3月3日の提案の際に「皇太子さまのご意向もお酌みして」とつけ加えています。これが重要な点です。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中