2020年 9月 25日 (金)

「ご成婚は単純な恋愛結婚ではない」 恋愛感情になったのはしばらくしてから?
元「お妃選び班記者」が推理する「テニスコートの恋」の「真相」(5、最終回)

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   お妃選考首脳らの無私の働きに感動を覚える――。

   「お妃選び取材班」担当だった元朝日新聞記者の佐伯晋さん(81)に、皇太子さまがたの「『テニスコートの恋』をめぐる虚実」に関する推理を聞くインタビュー第2部5回目(最終回)は、佐伯さんによる推理の結論を語ってもらう。

1958年5月2日の会議で「ほぼ一本化」

後に分かった事実も踏まえ、「推理」を語る元朝日新聞記者の佐伯さん。
後に分かった事実も踏まえ、「推理」を語る元朝日新聞記者の佐伯さん。

   ご婚約が発表される約半年前の1958年5月2日にあった宇佐美毅・宮内庁長官邸での会議で、美智子さんへのお妃候補一本化がほぼ決まりました。

   この5月の半ばごろまでには、皇太子さまと美智子さんは「恋に落ちて」いて、7月ごろまでには少なくとも皇太子さま側はかなり良い感じになっていたとみています。

   皇太子さまは後に、美智子さんについて学友に「初めは伴侶にふさわしい人か、と冷静に観察しているつもりだった。恋愛感情になったのは後になってからだ」という趣旨のことをもらされたようです。

   もっとも、学友によっては、「自由恋愛とみられることに皇太子さまは納得がいっていない様子だった」と話す人もいました。最後まで「未来の皇后としてふさわしいか」という視点で冷静に判断した、ということでしょうか。

   以降の流れは、1部のインタビューの後半で触れた通りです。9月18日に黒木従達・東宮侍従が、美智子さんの実家の正田家へ皇太子さまによる求婚のご意思を伝え、正田家はほどなくお断りをします。その頃、美智子さんは「お妃選びにもみくちゃ」にされることを避けるため、実家の意向で外遊中でした。

   10月26日に美智子さんが帰国後、皇太子さまへお断りの手紙を美智子さんは書いて送ります。しかし、学友の仲介で皇太子さまは連日のように美智子さんと電話で話をされます。恐らく数日のうちに、お2人の間では、ご結婚への合意ができたのではないかと推測しています。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中