2018年 7月 19日 (木)

福島市で抑うつ状態の子ども増加 原発事故影響で

印刷

   福島大学の筒井雄二教授が2012年6月6日、原発事故後に福島市で抑うつ状態を示す子どもの割合が増加傾向にあるとの調査結果を発表した。 調査は12年1月、市内の幼稚園児と小学生計2743人の保護者を対象に行われ、2103件の回答を得た。

   「子どもが新たな活動に興味を持ちにくい」状況が「よく起こる」「時々起こる」と回答した保護者は25%で、11年6月の前回調査から約10ポイント増えた。「災害などを連想させることがあると腹痛や頭痛などを訴える」ことが「よく起こる」「時々起こる」と回答したのは前回より32ポイント増えて38%だった。一方、「恐怖・不安」「甘え・退行」を示す度合いは前回より低下した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中