原発避難区域住民、5年後も32%帰れない 政府が試算公表

印刷

   福島第1原発周辺の避難指示区域(11市町村)について、5年後も32%、10年後も18%の住民が帰還できないとする試算が示された。除染効果を加味せずに、年間に換算した放射線量を予測し、20ミリシーベルトを超える地域の事故前人口などを基に計算したもので、政府が2012年6月9日、公表した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中