2019年 2月 23日 (土)

浜松市防潮堤に300億円ポンと寄付 「一条工務店」とは?

印刷
ファンケル マイルドクレンジングオイル初回500円モニター購入

   静岡県が、浜松市の浜名湖入り口の東岸から天竜川西岸の約17.5キロメートルにわたって、防潮堤の整備に乗り出すことになった。異例なのが、この防潮堤の整備が地元で創業された住宅メーカーの一条工務店グループ(東京都江東区)の寄付で行われるという点だ。寄付の額は、3年間で300億円にのぼる。

浜松市では最大14.8メートルの津波を想定

   この計画は、静岡県の川勝平太知事と浜松市の鈴木康友市長が2012年6月11日夕方、県庁で会見して発表した。静岡県、浜松市、一条工務店グループの三者基本合意によると、一条工務店グループが12年度から3回に分けて300億円を寄付する。県は、できるだけ早く防潮堤を着工し、水門など周辺設備の整備も合わせて行う。

   現時点では、整備対象区域には海抜約9~10メートルの高さに、幅約130メートルにわたって保安林が整備されている。県の「第3次地震被害想定」には、すでに対応しているが、内閣府の有識者検討会が12年3月にまとめた南海トラフ沿いの巨大地震の想定では、最大で従来想定の倍以上にあたる高さ14.8メートルの津波が予想されている。県では12年6月に「第4次地震被害想定」をとりまとめることになっており、これから整備される防潮堤の高さも、想定の津波の高さを上回るように計画する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中