マイクロソフト、タブレット端末を独自開発

印刷

   米マイクロソフト(MS)は現地時間2012年6月18日、タブレット型端末「サーフェス」を発表した。基本ソフト(OS)に、現在開発中の「ウィンドウズ8」を搭載する。MSが自社ブランドでタブレット型端末を出すのは初めて。先行する米アップルの「iPad」や、米グーグルのOS「アンドロイド」を搭載する端末に対抗する。

   他のタブレット同様、液晶画面に触れて操作するが、画面カバーにキーボードがついており、本体に装着して使うことができるのが特徴だ。米国では年内に発売とみられる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中