2018年 7月 19日 (木)

アディダスのスニーカー発売中止 「足かせ」が「奴隷制度」連想、と批判殺到

印刷

   独スポーツ用品大手のアディダスが2012年8月に売り出そうとしていたスニーカーに米国で批判が殺到し、6月18日発売中止が発表された。

   奇抜なデザインが「奴隷制度を連想させる」とされ、製品写真が掲載されたフェイスブックのページが「炎上」。不買運動の呼びかけが相次いだ末の出来事だった。ただし、「ソーシャルメディアが、かえってアディダスを救った」との声もあがっている。

デザイナーは奇抜なデザインで有名

問題とされたスニーカー。「足かせ」のデザインが奴隷制度をイメージさせるとして批判を浴びた(「アディダス・オリジナルズ」のフェイスブックより)
問題とされたスニーカー。「足かせ」のデザインが奴隷制度をイメージさせるとして批判を浴びた(「アディダス・オリジナルズ」のフェイスブックより)

   問題とされたスニーカーは、アディダスのブランド「アディダス・オリジナルズ」から発売が予定されていた「JSラウンドハウスミッド」と呼ばれる製品。足首の部分に、オレンジ色の「足かせ」のような飾りが鎖で繋がっているデザインだ。

   デザインを担当したのは、デザイナーのジェレミー・スコット氏。奇抜なデザインで有名だが、アディダスは「とっぴで、愉快だ」などとして歓迎していた。

   このデザインは数ヶ月前には明らかになっていたが、その時点ではほとんど反響はなかった。ところが、6月14日になって、スニーカーの写真が「アディダス・オリジナルズ」のフェイスブックページに掲載ざれ、騒ぎが広がった。

   現時点で、4200件以上のコメントが寄せられており、その多くが、デザインが奴隷制度や、鎖で繋がれた囚人を想起させるなどと非難するものだ。アフリカ系米国人から寄せられた批判も多いようで、不買運動を呼びかける人も続出している。

   このため、アディダスも釈明に追われた。アディダスが米メディアに寄せたコメントでは、

「デザインは、デザイナーの斬新で独特なファッションに対する解釈以上のものではなく、奴隷制度とは何の関係もない」

と説明。フェイスブックのページには好意的な意見と批判的な意見の両方が寄せられたというが、

「デザインで不快な思いをした方がおられるのであれば謝罪したい。(問題となった製品を)市場に出す計画は撤回する」

として、問題のスニーカーは「お蔵入り」することになった。

「炎上」で在庫リスクを事前に回避?

   今回の騒動は、いわゆる「炎上騒ぎ」のひとつとして片付けられてしまいそうだが、USAトゥデー紙では、やや違った見方をしている。同紙では、オンラインメディアやソーシャルメディアがアディダスを救ったかもしれない、とするスポーツビジネスコンサルタントのコメントを紹介している。このコンサルタントによると、インターネットが登場する前であれば、

「新聞や雑誌に写真が載って、(その時点で)製品は店に届いていただろう。そして、アディダスは大量の在庫を抱えることになるだろうし、(発売までに)多くの広告費を投入していただろう」

というのだ。「炎上」が製品の生産が本格化する前に起こったことで、結果的にこれらの被害を回避できた、というわけだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中