2018年 7月 20日 (金)

大豆4年ぶり最高値更新 トウモロコシも高値圏、米干ばつ被害で

印刷

   穀物価格が高騰している。指標となるシカゴ市場の大豆先物取引の国際価格は2012年7月9日に期近の7月物が一時、1ブッシェル(約27キログラム)16.795ドルまで上げ、08年7月の最高値(16.63ドル)を、4年ぶりに更新した。

   12年の南米産が不作だったうえ、米国中西部の産地で干ばつによる減産見通しが広がり、品薄感が強まったことを反映した。

   トウモロコシも値を上げ、史上最高値に迫る水準にある。

   大豆もトウモロコシも、米国が世界の4割程度を占める最大生産国であることから、その生産動向が世界の需給を左右する。穀物価格が高騰した4年前も、産地の異常気象で不作だったことやファンドなどの投機マネーが先物市場に流入した。今回も状況が似てきている、との指摘もある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中