代々木公園で脱原発「10万人集会」 坂本龍一さんら参加

印刷

   脱原発や原発の再稼働反対を訴える「さようなら原発10万人集会」が2012年7月16日、東京・代々木公園で行われ、約17万人(主催者発表)が集まった。集会には、ミュージシャンの坂本龍一さんやノーベル賞作家の大江健三郎さんらが登壇。坂本さんは、1970年に全原発が停止し、再稼働する際に代々木公園で行われた反原発集会にも参加しており、「久しぶりに声をあげ、感無量」などと話した。集会後は、3コースに分かれて都内でデモ行進した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中