2018年 7月 23日 (月)

東電株、連日の上場来安値 時価総額2000億円に

印刷

   東京電力の株価が連日、上場来安値を更新した。2012年7月18日は一時、前日比3円安の120円に下落し、上場来安値を更新。その後やや持ち直して終値は同3円高の126円で引けたが、2月の年初来高値(262円)から5割強も下落した。時価総額は2000億円を割り込む寸前だ。

   他の電力会社の株価も軒並み下落基調にある。

   経済産業省の電力改革の基本方針で、電力会社の「地域独占体制」が崩れるとの見通しや、発電と送配電を分ける「発送電分離」や電力小売りの全面自由化が実現しそうなことから、電力会社の収益悪化は避けられないとの見方が支配的になったため、「売り」が広がった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中