2018年 7月 21日 (土)

橋下大阪市長ウォッチ
政治家の思い切った決定「相当くるくるパーにならないと」

印刷

   大阪市の橋下徹市長は2012年7月29日深夜、行政実務者と政治家の役割分担についての持論をツイッターで綴った。

   橋下市長によると、政治家の役割は、

「目標を定めること、これまでのやり方を変える舵を切ること、利害関係者・既得権者を振り切ること」

といった事柄だといい、

「政策・制度・ルールの具体的な立案や実施は政治家にはできない」
「政治家が官僚より偉いなんてあり得ない」

という。一方、

「官僚組織は、今までのやり方を大きく変えることはできない」

とも。その上で、

「まあ政治家も思い切った決定をするのは大変ですけど。相当くるくるパーにならないと、今までやってきたことを変えたり、利害関係者・既得権者を振り切ることはできません」

と、政治家の役割を強調した。さらに、

「選挙で審判を受ける政治が責任当事者になる必要がある」
「行政が責任当事者だと、失敗したときに誰も責任を取らない」

として現状の教育委員会制度を批判した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中