橋下大阪市長ウォッチ
公募区長就任 「厳しく質問して」と記者に呼びかけ

印刷

   「大阪都」構想の実現を念頭において公募した市内の24区長のうち22人が2012年8月1日、正式に区長に就任した。橋下徹市長は欠席した1人をのぞく21人に対して辞令を交付。交付式後、そのまま区長らを従える形で記者会見に臨んだ。

   冒頭、橋下市長は、

「(会見の)前半部分は区長に対して、厳しく、僕に対してやっているのと同様に個別に(質問を)やってください。区長はもう責任者ですから、就任前に色々情報を取材して持っていると思いますので。時間無制限でやります」

と宣言。区長に対して質問するように記者に呼びかけた。

   さらに、「(広報誌の)『市政だより』も今回をもって終了し、『区政だより』に1本化する」とも断言。区長ごと、エリアごとの記者会見を充実させたい考えを示した。

   その上で、

「これまで僕1人でやってきたが、『24人+僕』ということで、25人が外からの感覚を持って行政組織に対する疑問をぶつけてもらう。住民の身近なところで物事を決めていく」

と、公募区長に対する期待を口にした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中