2020年 9月 18日 (金)

セルジオ越後「大したことではない」に批判集中 サッカー韓国選手「独島メッセージ」問題で

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   サッカー解説者のセルジオ越後さん(66)がネットで公開したコラムに批判が集中している。

   ロンドン五輪の男子サッカー3位決定戦で、日本との試合後に韓国の選手が「独島(竹島の韓国側の呼称)はわが領土」とハングルで書かれたカードを掲げたことに対し、「たかが一選手のプラカードなど大したことではない」と言い切ったからだ。

批判すべきは韓国大統領と日本政府?

   これには韓国の大統領が竹島に上陸したことに比べれば、という但し書きが付いているが、ネットでは「世界的にはプラカードのほうが大問題だ」とし、スポーツに携わってきた人物の発言とは思えない、と批判が渦巻いている。

   セルジオさんのコラムは、ポータルサイトのライブドアが運営する「Web Sports Magazine FOOTBALL WEEKLY」に2012年8月14日付けで掲載された。タイトルは「独島プラカードより問題なもの」。五輪の日韓戦後に、韓国のパク・ジョンウ選手が「独島は我が領土」というプラカードを掲げ波紋を呼んでいるが、

「選手の行為は褒められたものではないけど、大統領がいきなり(竹島に)上陸したことに比べたら、たかが一選手のプラカードなど大したことではない。過剰に反応することは、同じ土俵に立つことと同意だよ」

とし、批判すべきは韓国大統領の行為であり、上陸を阻止できなかった日本政府だ、と書いた。

   さらに、IOCやFIFAが、何より一番政治まみれであり、政治とスポーツが別であるというのは綺麗事だ、と言い切った。国と国との争いになる以上、政治とスポーツは切り離せないものだということは受け入れざるをえないし、しょうがないことだ、ともいう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中