自・公が野田首相への問責決議案を提出

印刷

   自民・公明両党は2012年8月28日夕方、「野田佳彦首相は内政・外交の数々の失敗で国益を損ない続けており、国家運営能力が欠如している」などとして、野田首相に対する問責決議案を参議院に提出した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中