「65歳までの雇用」が義務化 改正高齢者雇用法が成立

印刷

   希望者を65歳まで再雇用するよう義務付ける高年齢者雇用安定法の改正案が2012年8月29日、参院本会議で民自公3党などの賛成多数で可決、 成立した。

   男性の厚生年金受給開始年齢が61歳になる13年4月から施行し、この年齢まで働けるようになる。年金がない期間をなくすのが目的だ。その後も年金受給開始が段階的に65歳まで引き上げられるのに合わせて、その年齢まで働けるようにする。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中