野田首相、胡主席と「立ち話」

印刷

   野田佳彦首相は2012年9月9日、ロシアのウラジオストクで行われているアジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議開始直前、中国の胡錦濤国家主席と約15分間の立ち話を行った。日本政府が尖閣諸島の国有化を表明してから両国の首脳が言葉を交わすのは初めて。野田首相は9月7日に雲南省で起きた地震の被害に対してお見舞いの言葉を述べたほか、両首脳は、これ以上日中関係が悪化しないようにする必要性を確認したものとみられる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中