阪神・金本知憲選手が引退表明 連続フルイニング出場記録残し

印刷

   プロ野球・阪神の金本知憲選手(44)が2012年9月12日、会見して今シーズン限りで現役を引退することを明らかにした。

   金本選手は、広島を経て、阪神に入団し、10年4月まで日米最多となる1492試合の連続フルイニング出場を達成している。しかし、ここ数年は右肩のけがなどに苦しんで出場機会が少なく、成績も不振が続いていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中