2019年 8月 23日 (金)

iPadでテレビ録画見ると違法の可能性 改正著作権法に不満相次ぐ

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   iPadなどのタブレット端末で、テレビ録画などを見ることがやり方次第では違法となることが分かり、ネット上で不満の声が出ている。それは、改正著作権法が2012年10月に施行されることに伴うものだ。

   このことを指摘したのは、メディアジャーナリストの津田大介さんだ。

コピーガード解除用ソフト使えば違法に

テレビ視聴は危ない?(写真は初代iPad)
テレビ視聴は危ない?(写真は初代iPad)

   ニコニコニュースの2012年9月10日付記事によると、津田さんは、改正著作権法について、次のように問題点を指摘した。

「自分が録画した地上波の無料番組をPCで形式変換してiPadで見ようとすると、10月から違法になってしまうんです」

   この発言は、ニコニコ生放送の番組「津田ブロマガeXtreme」で8月27日に出たものだ。

   改正著作権法では、違法にアップロードされた音楽ファイルなどをダウンロードすると刑事罰を科されるほかに、テレビ番組やCD、DVDなどのコピーガードを解除してコピーすることも違法になる。私的な使用であっても同じだが、こちらはまだ罰せられないことになっている。

   iPadなどについては、コピーガード解除用ソフトを使って、テレビ録画を見られるようにする方法も行われている。ブルーレイディスクなどに録画したテレビ番組を、このソフトを使ってパソコンに取り込む。そして、mp4形式などに変換した後、iTunesに録画番組を入れ、それをiPadに移すやり方だ。

   ところが、改正法施行後は、このソフトを使うことが違法になる。

   テレビ番組コピーの方法を紹介するあるサイトでは、このやり方について、「違法となります」とし、「(ソフト)入手先は、あなた自身でお調べください。お問い合わせいただいても回答することはできません」と書かれてあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中