2019年 1月 22日 (火)

維新の会松浪議員が「橋下独裁にはしない」 代表に一喝され、すぐに火消しに走る

印刷
数独ポータルはじめました!3問解いてAmazonギフト券ゲットしよう!

   現職国会議員7人の参加が決まった新党「日本維新の会」で、党運営の主導権争いが表面化しつつあるようだ。自民党を離党し、維新の会の国会議員団の幹事長に内定している松浪健太衆院議員(比例近畿)が、ブログに「言うべきことは、忌憚なく言わせてもらうことにした」と書き込み、「宣戦布告した」(産経新聞)などと報じられた。

   だが、この書き込みに対して、橋下徹代表が強い不快感を示したこともあって、3日後には「維新は議論して、決める政党だということを述べたにすぎない」と釈明することになった。

「国政における決定は議員団ですべきことを橋下代表も認めた」?

   松浪議員は、2012年9月29日、「第3回公開討論会~橋下独裁にはしない~」という挑発的なタイトルでブログを更新。この日は、国政政党としての届け出が総務省に受理された翌日にあたり、国政政党としては初めて公開討論会を開いた日だ。そのためか、松浪議員も若干強気で、

「もはや、最初と違ってお客さんではない。言うべきことは、忌憚なく言わせてもらうことにした」

と宣言。

「国会議員団と代表の意見がねじれた場合の対処方(原文ママ)を明確にしていく」

ための具体的なプロセスを説明する中で、

「よほどのことがない限り、国政における決定は議員団ですべきことを橋下代表も認めた」

とつづった。

   この記述が、10月1日夕方の橋下代表の囲み取材で問題にされた。記者が、

「僕の理解では、代表が討論会で仰っていたのは『何でもかんでも執行部で決める訳ではない。国会議員団を尊重することもあれば、地方議員団を尊重することもある』というもの。『国政における決定は議員団ですべきことを橋下代表も認めた』という(松浪議員の)書き方だと、ちょっと混乱する気がする」

と疑問を投げかけた。

報道が間違っていると責任転嫁

   橋下氏は、

「まぁー、いいんじゃないですか。色んな意見があっても。役割分担はしっかりやらないといけないと思うが、松浪議員だって、日本維新の会に所属しなければ、こうやって天下の朝日新聞にブログのチェックなんかされなかったんですから。それは、松浪議員も色々と考えてもらわなきゃいけないところがありますよね」

と露骨に不快感を示し、

「国会議員団の大きな方針や戦略で、有権者の皆さんが本当についてきてくれるということであれば、日本維新の会に所属しなくでもいいではないか。自らの方針でやればいい。やはり大きな方針や戦略については、今の国会議員団よりも僕の方が長けている」

と突き放した。

   このやりとりをめぐり、松浪議員は火消しに追われたようで、10月2日には「マッチポンプな報道」と題してブログを更新。やりとりを記事化した読売新聞と産経新聞を「大変、不本意な記事である」と批判した上で、

「維新は議論して、決める政党だということを述べたにすぎない」

と釈明した。問題とされたブログ記事のタイトル「橋下独裁にはしない」についても、 「新聞社で整理部経験があるため、私は刺激的な見出しをつけるが、内容は極めて温厚だ」

   と、苦しい言い訳を迫られた。

   その上で、橋下代表については

「大きな戦略や方針について、代表が決めるのは当然である。加えて、道州制を己の存在意義として活動してきた私にとって、この政策を世に広めた橋下徹という政治家は特別な存在である」

などと称賛。橋下代表が松浪議員を批判したことについては、

「マスコミに言葉尻で質問されれば、橋下代表も売り言葉に買い言葉で答えざるをえないと思うが、マッチポンプな報道はやりきれない」

と、比較的丁寧に質問をしていた記者に責任を転嫁した。

   今回の松浪議員の「宣戦布告」は、これで幕引きとなった形だが、党の規約を策定する際も、松野頼久元官房長官らが「地方議員と国会議員が同じ1票を持つ」とする方針に反発し、橋下代表が事実上「ねじ伏せた」という経緯がある。今後も、火種はくすぶり続けることになりそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中