オルフェーヴル、凱旋門賞で惜敗 ゴール直前でかわされる

印刷

   フランス競馬の第91回凱旋門賞(G1、芝2400メートル)が2012年10月7日、パリのロンシャン競馬場で行われ、日本のオルフェーヴル(牡4歳)はゴール直前で地元フランスのソレミア(牝4歳)にかわされ、2着だった。凱旋門賞は世界最高峰の競馬レースとして知られる。オルフェーヴルは日本中央競馬会(JRA)の11年の三冠馬で、日本馬として初の優勝が期待されていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中