「おい、小池!」で指名手配の容疑者が死亡

印刷

   2001年に徳島市の父子が殺害された事件で、徳島、岡山両県警は12年10月20日、指名手配されていた小池俊一容疑者(52)が岡山市内で死亡していたことが確認されたと発表した。病死と見られており、徳島県警は容疑者死亡で書類送検する。

   10月19日夜に岡山市内の自宅マンションのトイレで倒れているのを同居していた女性(67)が見つけ119番通報した後、搬送先の病院で死亡が確認された。小池容疑者は「小笠原準一」という偽名を使っており、20日に身元を不審に思った葬儀業者が警察に通報。指紋などから小池容疑者と断定されたという。

   事件は01年4月、徳島市の松田優さん(当時66)の自宅で火事があり、焼け跡から松田さんが遺体で見つかった。翌日には松田さんの長男の浩史さん(当時38)が兵庫県の草むらで焼死体で発見された。ともに首を絞められた跡があり、徳島県警は「おい、小池!」と書かれたポスターを作成して松田さん父子の知人だった小池容疑者を指名手配していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中