2019年 1月 21日 (月)

ジッペイ写真集表紙に「ホットドッグ」 ファン怒る「死を揶揄してるのか!」

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   2012年8月に亡くなった人気犬「ZIPPEI(ジッペイ)」のフォトブックが、10月22日に発売された。

   表紙にはホットドッグの写真などがデザインされているが、これを見た人は、「ジッペイが熱中症で亡くなったことをジョークにしているのか!」などと激怒している。

「ホット=暑い、ドッグ=犬」と深読みし批判

   フォトブックのタイトルは「ありがとう ZIPPEI PHOTO BOOK」だ。日本テレビ系の朝の情報番組「ZIP!」に出演し人気を博していたが、エアコンが止まった車の中で熱中症になり死亡してしまった2匹の兄弟犬・ジッペイへの追悼の意を込めて、日本テレビが発行した。帯には「きみたちの笑顔にみんなが癒されていました。ありがとうZIPPEI」と書かれている。

   生前から「ZIPPEIたちの笑顔をさらに多くの方にお届けしよう」(フォトブックから引用)とフォトブックを制作していたが、書店に並ぶ直前でジッペイが急死してしまった。発売中止も考えたが、「もう一度ジッペイの笑顔を見たい」という声が寄せられたことなどから、内容を大幅に構成し直しての発売が決まった。

   本の中にはジッペイが旅している様子、2匹がじゃれ合っている様子などの写真が収められている。

   一見ジッペイへの感謝の気持ちがつまった内容だが、表紙に小さく「ホットドッグ」の写真が印刷されていることにネットユーザーが目を付けた。

   ホット=暑い、ドッグ=犬で「熱中症で亡くなったジッペイを揶揄しているのでは」と思った人が多く、2ちゃんねるでは「これは酷すぎる」「ブラックすぎて笑えないだろ」「故意だとは思わないけど、もうちょっと気づけなかったのかなぁ」と批判の声が上がっている。

テントやアイスクリームの写真も「事故の暗喩では」

   Amazon.co.jpのフォトブック販売ページには、10月23日16時現在150件のレビューが寄せられているが、1件を除くすべてが批判的な内容だ。「すごい感性だな 何にも考えずにモノ作ってるからこんな事になる」「死亡事故を連想させる様な、表紙が不快です」「このカバーデザインをした人は、マスゴミの余りにも酷い金への執着心を皮肉ってこのようなデザインにしたと信じたいものです」と、表紙を非難するコメントが並んでいる。

   また、表紙にはホットドッグのほかにも、テントに入っているジッペイたち、アイスクリーム、ブルドーザーのおもちゃの写真なども小さく加工されて印刷されているが、「アイスクリーム(I scream、声を奪われたことへの風刺) ブルドーザー(bulldoze、強引な制作側への風刺)」「密閉空間を示唆するテント」など、事故を暗喩しているデザインなのでは、と深読みする書き込みもある。なお、テントに入っているジッペイたちとアイスクリームは、本に収められた写真の中に写っているものだ。ホットドッグとブルドーザーは本の中には見当たらなかった。

   ホットドッグの写真は一体どういう意図でデザインされたものなのか、日本テレビに問い合わせたが、担当者が不在とのことで回答は得られなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中