2020年 8月 11日 (火)

「10代の頃ヌードやってもよかった」 清純派長澤まさみ「意外な素顔」

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   女優の長澤まさみさん(25)が、雑誌のインタビューで「意外な告白」をしている。

   「10代の頃、ヌードをやってもいいと言っていた」という。デビュー以来「清純派」のイメージが強かった長澤さんだが、胸の内には女優としていろいろなことに挑戦したいという強い気持ちがあったようだ。

「もともとさらけ出すことへの羞恥心はない」

この頃も「ヌードOK」と思っていたのだろうか(08年1月撮影)
この頃も「ヌードOK」と思っていたのだろうか(08年1月撮影)

   長澤さんは2012年9月28日発売の雑誌「Numero TOKYO」のインタビューに答えた。

   「13歳でデビューして今まで人生に影響を与えた転機やきっかけ」を聞かれ、「小泉今日子さん」と答えた。11年8月に上演した舞台「クレイジーハニー」のオファーが来ていた時に小泉さんに相談したところ、「まだ恥ずかしさを捨て切れてないよ」と言われ、「確かに、自分が自分を恥ずかしいと思うことが、たくさんあったなあと。それが自信のなさにもつながっていたんだ」と思った。小泉さんに「とりあえず舞台やってみたら?」と背中を押され、出演を決めることができたという。

   そして、「美脚や谷間を見せたり、大人の女性として色気も増してきましたが、それも恥ずかしさを捨てたから?」と質問され、こう答えている。

「えっと、それとは別ですね(笑)。もともと、自分を見せることに対して仕事になると恥ずかしさはないというか。さらけ出すことへの羞恥心はあまりないんです。(中略)10代の頃は『ヌードをやってもいい』とか言っていたぐらいで。あ、でも今はちょっと考え方も変わって、『私はヌードはやらない!』って思っているんですけど(笑)」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中