2020年 8月 16日 (日)

「江南スタイル」が「竹島」プロパガンダに 警備隊員のパロディーダンスを世界各地に送る

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   コミカルなダンスが日本以外の世界各地で人気の「江南(カンナム)スタイル」が、韓国のプロパガンダに利用されようとしている。

   世界各地で「~スタイル」といったパロディー動画が撮影され、ユーチューブに投稿されているのだが、何と日本と韓国が領有権を争っている竹島(韓国名・独島)の警備隊がビデオ撮影に参加。「独島スタイル」という動画を公開し、さらにその動画を世界各地の韓国人団体に送って領有権の主張に利用しようというのだ。

「韓国領」と刻まれた石やヘリポートも映っている

「江南スタイル」のパロディーの「独島スタイル」。竹島を舞台に、警備隊員がコミカルなダンスを披露している(ユーチューブより)
「江南スタイル」のパロディーの「独島スタイル」。竹島を舞台に、警備隊員がコミカルなダンスを披露している(ユーチューブより)

   動画は、韓国が主張する10月25日の「独島の日」を前に、10月17日に完成。長さは5分30秒ほどで、警備隊員が竹島を舞台に、「江南スタイル」の音楽に合わせてダンスを繰り広げる。ニュース映像でおなじみの、「韓国領」と刻まれた石やヘリポートも映っており、韓国側の実効支配の強固さを印象付けるものだ。また、竹島を訪れる観光客に敬礼したり、観光客と一緒にダンスしたりするシーンも収められており、愛国心を鼓舞する狙いもありそうだ。

   韓国日報によると、動画は「独島が韓国領であることを知らせよう」という狙いで警備隊員が発案。イ・グァンソプ警備隊長は

「『独島スタイル』の撮影で、(韓国本土から)遠く離れた環境で勤務する隊員の士気が大変高まった。独島を愛する心が、動画と一緒に世界中に広がっていけば」

と満足そうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中