2018年 7月 22日 (日)

中国共産党大会プレスセンターに失脚した指導者の写真

印刷

   北京の人民大会堂で2012年11月8日に始まった中国共産党第18回大会をめぐって、ちょっとした「異変」が伝えられた。香港紙「明報」電子版は11月2日、党大会のプレスセンターに展示されている写真の中に、かつての中国の指導者で失脚した胡耀邦氏と趙紫陽氏(いずれも故人)の顔を掲載したものがあったという。

   写真には、胡氏が葉剣英・政治局常務委員(当時)に寄り添っている後ろに、着席している趙氏と、後に最高指導者となったトウ小平氏の顔が見える。趙氏は1989年の天安門事件で失脚しており、以後その写真が公の場に出ることはめったになかったという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中