2018年 7月 18日 (水)

12年7~9月実質GDP、年率3.5%減 3期ぶりのマイナス

印刷

   内閣府が2012年11月12日に発表した7~9月期の国内総生産(GDP)速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0.9%減、年率換算では3.5%減だった。マイナスに転じたのは3四半期ぶりで、景気がすでに後退局面に入ったことを裏付ける結果となった。

   海外経済の景気減速が響き外需が落ち込んだのがマイナスの主因で、成長率を0.7ポイント押し下げた。また、これまで景気を支えてきた内需もエコカー補助金の打ち切りが響き個人消費が振るわなかった。企業の設備投資も落ち込んだ。それにより、0.2ポイントの低下要因となった。

   東日本大震災が起きた11年1~3月期以来で初めて内外需ともにマイナスとなった。

   生活実感に近い名目GDPは前期比0.9%減、年率では3.6%減と2四半期連続のマイナス成長だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中