2018年 7月 19日 (木)

ANA社長、中国路線の需要減「底を打った感」

印刷

   全日空(ANA)の伊東信一郎社長は2012年11月14日の定例会見で、尖閣諸島の国有化に端を発する中国路線の需要減について、ビジネス需要については「底を打った感がある」と述べた。ただし、観光需要は団体客のキャンセルが相次いでいることから「壊滅状態」だという。需要減にともなって小型化した機材を元に戻すかどうかについても、慎重な姿勢を見せた。

   12年10月の中国路線の旅客数は前年同月比24%減で、11月も25%減程度で推移する見通し。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中